京都市茶業組合 お茶のおいしい入れ方 お茶の種類 お茶のできるまで 京都市茶業組合のあゆみ 組合員の紹介

お茶のできるまで

碾茶(抹茶)ができるまで
玉露・煎茶ができるまで
茶葉は、手づみ、茶つみ機などでつみ取られ、荒茶工場へ運ばれます。   茶葉は、手づみ、茶つみ機などでつみ取られ、荒茶工場へ運ばれます。
   
茶葉をもう一度もみながら熱風で乾かします。   もみながら熱風で乾かします。   蒸された茶葉を散りばめ、水分を取りのぞきながら冷やします。
       
 
荒茶は大小さまざまな形の葉が混ざり合っているので、粉茶を取りのぞき、形をきれいに整えます。
茶葉に熱と力を加えて形を整えながら乾かします。   茶を十分に乾かします。ここまでが荒茶をつくる工程となり、できたものは荒茶と呼ばれます。  
     
茶葉をさらに乾かして、独特のお茶の香りをつくり出します。   茎や古い葉を取りのぞき、見た目をさらに美しくします。    
       
※本文中イラストなどは京都府茶協同組合制作「宇治茶大好き!」より引用させていただきました。

 


Copyright (C) 2003 京都市茶業組合 All right reserved.